トップ

二世帯住宅にも様々な種類が

今、改めて親夫婦と子供夫婦が一つ屋根の下に暮らす「二世帯住宅」が見直されています。ライフスタイルや生活習慣が全く異なる世代が仲良く共存していくためには、家づくりに相応の工夫が必要ですが、成功した人たちの例を見るととても自然に幸福な二世代同居が実現しているのです。注文住宅を検討中ならこちら。

例えば、子供夫婦が二世帯住宅を選んでよかったことの第一位に「高齢になった親の世話が楽」を挙げています。また親たちの介護が始まる前には、自分たちの小さな子供の世話を任せることができたことに、深い感謝の気持ちを持つ人が多いようです。そのような感謝の気持ちは自然と親の介護に対する姿勢にも影響し、より一層老いた親たちをいたわる気持ちを深めるという大きな心理効果がありました。そして三世代目にあたる孫にとっても、両親よりさらに上の世代の祖父母と同居で育った経験は、様々な良い思い出とともに大切な記憶になっているようです。

このような二世帯住宅を実現するためにはどのような条件を満たせばよいのでしょうか。親世帯、子世帯という2つの世帯が同じ敷地で仲良く暮らすには、まずお互いにライフスタイル、価値観が異なることを認めることから始まります。お互いに「どこまで歩み寄れるか」「どこまで許せるか」という線引きによって異なります。

一番大きな壁は、やはりご主人の世帯に参加した奥様への考慮でしょう。唯一その家族の中で育った環境がちがう立場の奥様がご主人家族の家庭の常識に、どこまで順応できるかが家づくりの重要なポイントです。まず、間取りとしては次の3タイプに分けられます。

■完全共有型
キッチン・浴室・洗面・トイレをすべて共有するパターンです。特に2世帯用として水回りを分けることもなく、ただ部屋数が多くなるだけなので、コストも1番低く済みます。昔ながらの大家族の家ということになりますが、プライバシーを大切にする、ライフスタイルの差異を感じずに済む、ということは難しいでしょう。

■部分共有型
浴室・洗面・トイレなどは親世帯と子世帯で共有しながらも、キッチンは別々というスタイルです。同居における女性同士のトラブルの原因は何といっても「キッチンの使い方」の違いにあると昔からよく言われること。このトラブルの元凶は排除して、かつコストをなるべくかけない二世帯住宅のモデルケースです。

■完全分離型
キッチン・浴室・洗面・トイレ・玄関をすべて分けるパターンです。近くに住みながらも独立した住居となっており、プライバシーを大切にした二世帯住宅が可能です。「玄関は一つでもいいけれど、洗濯機は別々にしたい」という意見も実は少なからずある事実。このような完全分離型ならその心配もありません。

リフォーム建築と異なり、一から設計する注文住宅なら、それぞれの家族の希望に添ったオーダーメイドでの二世帯住宅にすることができますが、まずはお互いが用意できる予算やお互いのライフスタイルによってどの形態が合っているかよくよく検討する事が重要です。

Copyright © ライフスタイルと二世帯住宅. All rights reserved.